女性用バイアグラの異名を持つフォルカン

女性の膣分泌液を促進させることでも知られている「フォルカン」は、もともと女性器の感染症の治療薬で、副産物として女性器の潤いを保つ効果があることで期待されています。このサイトを見て参考にしていただけたらと思います。

フォルカン画像

フォルカンの効果

医薬品のフォルカンは、ジフルカンジェネリックとして知られている製品であり、その先発品はアメリカのファイザー社が開発したものです。ジフルカンジェネリックであることから、このフォルカンには、真菌とよばれるカビのなかまの皮膚や体内での増殖を抑制したり、殺菌したりという効果があります。
このため、特にカンジダとよばれる真菌が引き起こしているさまざまなカンジダ症に対して処方されることが多いといえます。カンジダは通常は体内に潜伏しており、特に病気の原因になることもない真菌ですが、ストレスなどによって身体の免疫能力が低下したときになってはじめて猛威をふるいはじめ、主には皮膚、場合によっては呼吸器や消化器といった内臓にまで達して病変をつくります。
有名なものとしては女性の腟カンジダ症がありますが、これは膣内に入り込んだカンジダが、臭いのあるおりものの増加、外陰部のかゆみや刺激感、発疹などの症状をもたらすもので、特にかゆみが我慢できないという場合も多いものです。
ジフルカンジェネリックであるフォルカンであれば、こうした症状がある場合でも、継続して服用すればすぐれた効果を発揮します。フォルカンの服用方法としては、カンジダ症であれば1日1回だけ、有効成分として50ミリグラムから100ミリグラムを水などで口から飲むこととされています。重症でなかなか治らないようなケースであれば、1日1回あたり400ミリグラムまでは増量することができます。
ただし、胎児への影響を考え、妊娠中の女性については服用に適しておらず、また腎臓病、肝臓病、心臓病をわずらっている人についても、医薬品の成分が病気に悪影響を与えたり、またはフォルカンの効き目に影響したりしますので、注意が必要とされています。

■女性用バイアグラはこちら
女性特有の感染症にフォルカン
■おすすめ通販サイト
医薬品 ネット販売
媚薬 通販
■こちらは男性用ED治療薬の成分となっております
タダラフィル